黒にんにくの柏崎青果 メインコンテンツ

黒にんにくの原材料となる にんにくの収穫作業

青森県では今、にんにくの収穫作業が最盛期を迎えています。柏崎青果の畑でも先日、黒にんにくの原材料となるにんにくの掘り取り作業が行われました。


収穫間近のにんにく にんにくは、葉っぱが枯れ出したら「収穫OK」のサインと言われています

にんにくの収穫作業 梅雨の合間をぬって急ピッチで行われる収穫作業


その質の高さから今や世界一といわれる青森県産のにんにく。美味しさの秘密は青森の厳しい冬の寒さにあるというのをご存じでしたか?


秋に畑に植え付けられたにんにくは、冬の間畑で冬眠状態に入ります。連日氷点下の寒さで凍ってしまわないように、にんにくは体内に糖分を蓄え続けます。やがて春の訪れとともに眠りから覚めたにんにくは、グングン成長し初夏の収穫のときを迎えます。


昼夜の寒暖差で身がギュッと引き締まり、甘さも充分に育ったにんにくはずっしり重く、収穫のときに切った茎から水分がしたたり落ちるほど、とってもジューシーなんですよ。


にんにくコンテナ詰め作業 専用の機械を使って土から掘り取り、そのままコンテナへ


今年のにんにくもおかげさまで豊作、粒ぞろいの色白にんにくが収穫できました!これからしばらく乾燥した後、日本国内や海外へと出荷されます。もちろん柏崎青果のおいらせ黒にんにくにも、この日収穫したにんにくが使われます。


畑にはにんにくのいい香りがただよい、臭いをかいでいるだけでエネルギー充電、農作業の疲れも吹き飛んでしまいそうなほど。「収穫ってやっぱり楽しい!」そう思わせてくれる初夏の一日でした。


コンテナに入ったにんにく 収穫ホヤホヤのにんにく。周囲はにんにくの香りでいっぱい!


収穫したての青森県産にんにく 今年のにんにくも質、大きさともに申し分ナシ!豊作ですよ〜


黒にんにくのお買い物はこちら

  トピックス一覧に戻る

黒にんにくの
商品一覧